例えばニキビもそうなのですが、気になるお肌のお悩みの場所って、ついつい無意識のうちに触ってしまいませんか?

私自身もそうですが、よくニキビを触ってしまってついついつぶしちゃった!なんて経験多くあります…

というわけで、今回は女性が多く悩んでいるといわれている「いちご鼻」にスポットを当てて、

ずばり!いちご鼻は触っていいいのか悪いのか?!その真相に迫ってみたいとおもいます♪

実は触ると…もっと悪化するいちご鼻!

ついつい触ってしまいがちなお肌のお悩み箇所。

また悩んでいなくとも、お鼻ってぽりぽりっと触りやすい箇所ではないでしょうか?

何気なくやっているそんな癖、実はいちご鼻をより悪化させてしまうといわれているんです!

雑菌がお鼻ニキビも引き起こす!

では、どうしてお鼻を触るといちご鼻は悪化してしまうのでしょうか?

その答えは、じつはとってもシンプルで、手には雑菌がついているからなんです。

この雑菌が鼻を触ることで、鼻の毛穴にも雑菌を移してしまいます。

そうするともう大変。毛穴から分泌されている皮脂や古い角質と、この雑菌が一緒に混ざり合ってしまいます。

結果、これが毛穴に詰まる角栓へと変化してしまうんですね。いちご鼻の悪化だけではありません。雑菌がお鼻にたくさんついてしまうと、そこから炎症を起こしてしまいます。

これは、お鼻ニキビの原因にもなってしまいます。顔の真ん中に真っ赤なニキビ…とっても恥ずかしいですよね!

刺激がいちご鼻をさらに加速させる!

更に、手でお鼻を触ると、実はお肌にとってはこれって刺激になってしまいます。

見えてはいないかもしれませんが、お鼻を触ることで、毛穴は傷つきます。この傷が今度はなんと硬くなります。

ここまでお話すれば何となく分かるかもしれませんが、硬くなると、余分な皮脂をスムーズに毛穴の外に出せなくなってしまいます。

毛穴に詰まってしまうんですね。後は簡単。この毛穴詰まりが酸化してしまい、結果、いちご鼻へと変化してしまうんですね。

触ることでお肌の中のメラニンも悪さする!

これは意外かもしれませんが、お鼻を触ることで、メラニン色素が過剰に発生してしまいます。

シミそばかすの原理と一緒で、刺激によってメラニンが過剰に生成されて、毛穴の中にシミが出来てしまうんですよね。

紫外線だけではなく、刺激によってもメラニンは過剰に生成されてしまいます。

例えば下着のこすれなんかによる刺激でもシミはできますよね。これと一緒です。

あとはお肌に合わないスキンケアを使うこともNGです。

合わないスキンケアは刺激になります。刺激を受けたお肌は、自分自身を守ろうとして過剰にメラニンを生成するんです。そうしてメラニン色素が出る事で、当然その部分は黒くなって見えてしまうのです。

以上のお話から、ずばりお鼻を触ることで、いちご鼻は加速するかというと答えは『イエス』です!

ですので、気になってしまう気持ちはわかりますが、極力お鼻は触らないように心がけましょう。

気になる…というわけではなく、元々の癖だという人は、癖を治すように努力してみて。

スキンケアを変えるよりも、意外と癖を治すだけでもいちご鼻が解消するかもしれませんよ♪